The Cloud That Comes To You

greenlakeimage
どこでも活用できるハイブリッドクラウドでビジネスを最新化

アプリケーションとデータを今ある場所にそのまま置いておくのか、そのすべてをクラウドに移行するのかを選択する必要はありません。
どこでも活用できるハイブリッドクラウドなら、ハイブリッド環境で成功を収められます。

HPE GreenLakeによってハイブリッド環境で成功を実現

どの企業もデータに関して、どのようにセキュリティを確保すればいいのか、どのように管理すればいいのか、どうすれば可能な限り価値を引き出すことができるのかといったことに頭を悩ませています。ただし、データがエッジからクラウドまでのあらゆる場所で生成されて保存される場合、こうした課題を解決するのは容易ではなく、アプリケーションとデータを今ある場所にそのまま置いておくべきなのか、そのすべてをクラウドに移行すべきなのかという選択を迫られますが、どちらにもトレードオフが伴うため、簡単には答えを出せません。 では、そうした選択をする必要がなく、現状を維持したままビジネスを先に進められたらどうでしょうか。どこでも活用できるハイブリッドクラウドでデータの保存場所を問わないビジネスの最新化とイノベーションを可能にするエッジツークラウドプラットフォームである、HPE GreenLakeの登場です。

HPE GREENLAKEを30秒で解説

HPE GreenLake – どこでも活用できるハイブリッドクラウド

セルフサービスのアジリティを獲得

リソースの展開、費用の確認、容量の予測のすべてが、1つの直感的なプラットフォーム、HPE GreenLake Centralから簡単に行えます。

従量制課金の柔軟性

初期費用を抑え、オーバープロビジョニングによる無駄な出費を削って、使った分だけお支払い。

スケールアップ/ダウン

必要なときに使用できるスケーラブルな容量により、心配と費用を減らします。

HPEによる管理

フルマネージドのクラウドサービスによりIT運用の負荷を軽減し、リソースを解放します。